【ダイエットで大事なこと2】学芸大学のプライベートジム3Mワークアウト

今回は前回の続きで3Mワークアウトのクライアント様に最初に行っていただいているポイント

●体重の記録

●身体の部位測定

●食事の記録

この3点の利用の仕方について書いていきます。


「体重と食事記録のみの場合」

●モチベーションの低下が起こりやすい

●筋肉量、体脂肪の変化を把握し辛い

●食事へのアプローチを間違えやすくなる

まず体重だけを測っている場合、筋肉量の増量が起こっている場合体重が変化せずモチベーションが低下してしまう場合があります。

筋肉量は増えて体脂肪が減っている場合、体重が変化しないことがよくあります。

この場合身体の変化がないことにより「モチベーションの低下」が起こりやすくなります。

さらに間違った状況把握により適切な量の食事だったにも関わらず、そこから食事量を減らすことになり筋肉量の低下や基礎代謝の低下を招きやすくなります。

「体重・身体の部位測定・食事の記録をしている場合」

●正しい身体の変化を把握できる

●食事へのアプローチが適切に行える

体重が変化していない場合でも筋肉量が増えて増えて体脂肪が減少しておりウエストや大腿部のサイズがダウンしていることがあります。

この場合体重は維持されていますが筋肉量増加、体脂肪減少していると考えることができるので、しばらく同じ食生活を続けていければ1週間後には体重が減り始めることが予想できます。


3Mワークアウトではこのように「体重の変化」「身体のサイズの変化」「食事の記録」をつけながらできるだけ自分の身体の状態を把握しながらボディメイクを行っていきます。

担当のトレーナーもこの3点の情報をもとに食事や運動量に変化をつけながらトレーニングを進めていくため、まずこの3点の記録を習慣化していただくところから始めていきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です