認知症予防には何が必要ですか?

3Mワークアウト所属トレーナーの石川です。

今日は認知症予防について続きを書いていきたいと思います。

認知症予防に必要なポイントは大きく分けて3個あります。

  1. 食事:高たんぱく質・高必須脂肪酸・糖質制限・高ビタミン補給
  2. 運動:有酸素運動・デュアルタスク・低負荷の筋力トレーニングetc
  3. 脳:音読・書写・計算etc

1、2はダイエットやボディメイクで言われている内容と同じような内容になってきます。

健康的な食事や運動習慣は認知症予防効果が高くなります。

米国で行われた大規模な認知機能の調査「ナン・スタディ」では脳血管障害が無い又は少数の場合、認知症が「発病」していても「発症」しない可能性が高いと報告されています。※発病と発症の違いなこちら

この事から日常的な運動や脳のトレーニングにより脳内の血流を増やすことで認知症の予防効果が高まると考えられます。

更に食生活を整え脳に十分な栄養を送る事も重要になります。

まず皆さんの身近な方が認知症のリスクがあるならば、軽めのウォーキングを週3回〜4回、読み書きを日々行い、感情表現を豊かに他者とコミュニケーションを十分にとる事、を勧めてあげて下さい。

次は「食事」「運動」「脳」に分けて詳しく書いていきたいと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です