一番効果的なダイエット方法

学芸大学駅前のパーソナルジム3Mワークアウト所属トレーナーの石川です。

先日ダイエットの進み具合で悩んでいる会員のH様からこんな相談をいただきました。

①最近新しいダイエット注射(ダイエット薬)が発売され興味がある
②新しい電磁を用いたエステ系のダイエットをやってみたい
③体重がなかなか落ちないから断食しようか迷っている
※商品名は書かないので興味ある方は直接私に聞いてください

H様は2019年年末まで食事も運動も頑張って1度は目標を達成しました、その後年末年始、コロナでの自粛期間で運動をしていなかったのと、食事のコントロールが乱れたことによりかなり体重が増加してしまいました。

運動の習慣は戻ってきたもののなかなか食事のコントロールするところいたらず、最近は筋力アップと体重維持を目標にトレーニングを継続していました。
(ちなみに体重が減らないことの原因はいつも話をしており「食生活の乱れ」「食事コントロールが継続出来ていない」ということはH様も私自身も理解した上での現状です)

すが、やはり体重が減少しないことが気になって上記の中で1番効果的なダイエットを試したいと考えているのだが、どれがいいと思うかと言う相談でした

今回の相談を受けて①と②に関してはあまり知識がなかったため、少し時間をいただき自分なりに調べてみた上で回答をしています。実際に専門分野の内容ではないため細かい部分では間違いがあるかもしれませんが私なりの結論をまとめていきます。

「結論」

今回の方法は私はどれも効果があると考えています。全ての方法に一長一短があるが、ダイエットのスタートやきっかけ作りとしては悪くない方法。あとは本当に自分がそれを継続して行えるかがポイントになります。結局は①、②、③を行ったとしても効果は一時的なもので、その後それをキープしたりより体重を落としていくためには再度同様の方法を継続するか「食生活」「運動習慣」を改善することが必要。

下記は①、②、③の簡単な説明とそれぞれに対する個人的な意見です。長めなので興味のある方だけ読んでみてください。
———————————————————————————

①はいわゆる「メディカルダイエット」と呼ばれる方法(多分そんな言葉で分類されていたかと・・・)だと思います。これは注射や薬剤などを用いてホルモン分泌を変化させ血糖を下げたり、食欲を抑えたりしていく方法になります。
②はエステなどで主に使われているタイプの機器で電磁により、「他動的に筋収縮を起こし筋肥大をさせる効果」と「強力な筋収縮による脂質代謝の促進とエネルギー需要の増加させる効果」を用いて筋肉と脂肪へ同時にアプローチして行く方法になります。
③これは最近はメジャーな方法になっているので説明は不要かと思いますが、「準備食→断食→復帰食」の流れで行っていく種類のものになります。

①を継続する場合は費用的には可能だが、副作用・体調不良・病院に定期的に通うなどと身体への負担が多いかと思います。ある程度実施し、減少した体重を維持するためには維持するための食生活のコントロールが必要。治療が終了した後に食欲が爆発して食べたり、以前と同じ食生活になれば間違いなく同じ体重までリバウンドします。更に注意が必要なのは、注射による食欲抑制や体調不良により運動量が落ちれば治療終了後に筋力低下を招く可能性はあるのではないかと思います。

②こちらはただ寝ているだけで施術が終了するものなので、継続して実施していくのは困難ではないかと思いますが、費用面でいうと1部位に対して数十万かかるタイプのものになるので費用面から継続は難しいと考えます。全体のダイエットが成功した上で、どうしても効果の出にくい部位に行っていくのは効果的だと思います。もう1つ書いていくと、今回効果が出ているという話は出ていたのですが、被験者数も少ないため、費用に対してどれだけの効果が期待できるかという面で確実性は低そうです。

③これは元々ダイエット目的でやるものというよりは、内臓の状態を改善するためや、食生活を改善するために行うことが主な目的になります。1度実施した後は、正しい食生活と運動習慣を継続しなければ実施する意味がなくなります。ダイエットのスタートに行うのは効果的ですが、結局はその後の自身の生活習慣を変えて行くことが必要になります。

最後に、近日中にご新規様向けに数量限定でパーソナルトレーニングのお試しチケット「4回券:10,000円」「8回券:20,000円」「12回券:50,000円」の販売を予定しております。詳しくはまたブログに書くのでしばらくお待ちください!早めに知りたい方はメールなどでお問合せいただければ詳細を連絡いたします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です