【運動負荷の上げ方】学芸大学のプライベートジム3Mワークアウト

学芸大学駅から徒歩2分のプライベートジム3Mワークアウトです。

3Mワークアウトでは運動負荷の上げ方に気をつけながらトレーニングを行っています。筋肉量を増やし、基礎代謝を向上し、ダイエットの成功には運動負荷への意識が凄く重要です。

 

トレーニングフォームを身につけることもとても大事ですが、そこにこだわりすぎてずっと同じトレーニングを同じ負荷で行なっていては意味がありません。

以前にブログで紹介した「漸進性の原則」

これに従い負荷を常に増やして先に進んでいく、より強い体に変えていかなければいけません。

負荷を上げると言うと、、、重りを増やすと考える方も多いと思います。

これも間違いではありませんが、ただ闇雲に重さを追求していくことは怪我に繋がります。

そこで重要なのは負荷の上げ方を知ること!!

トレーニングの負荷とは、、、

トレーニングの総負荷=重さ×回数×セット数

重さを上げる前にセット数や回数を伸ばし負荷を上げていくことが可能です。

余談ですが総負荷が同じであれば重さが多い少ないでは筋肉量の増え方に違いが出ないと言うデータもあります。

要するに、20kgの重りで10回のトレーニングをすると総負荷は200kg。10kgの重りで20回のトレーニングをすると総負荷が200kg。この2つのトレーニングを比べた時に筋肉量の伸び方にほとんど違いはでません。

これに関しては個人的には目的やタイミング、効きやすさ、トレーニング経験など、、、人によって違うので状況に応じて使い分けが重要だと思います。

ポイントは常に「重さ」「回数」「セット数」を増やし、総負荷を伸ばしていくことが筋肉量の増加やダイエットの成功に繋がります。

これ以外にも「可動範囲」「スピード」「種目」「角度」に変化を与えることで負荷を高めることも可能ですがこれはまた別の機会にブログに書いていきます。

トレーニングを行なっている皆様、一度自分の総負荷を見直して見てください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です