トレーニングのモチベーション

学芸大学駅前の加圧トレーニング&パーソナルトレーニングジム3Mワークアウト所属の石川です。

画像は全然タイトルとは関係ないのですがラグビーの試合の写真です。

普段はあまりリアルタイムでスポーツ観戦はしないのですがあまりに話題になっていたのでリアルタイムで観戦しました。

結果は残念でしたが、選手たちの気迫にグッとくものがありますね。

話は変わり、タイトルのトレーニングのモチベーションについて。

ダイエットってやっぱり楽しいものではないと思います。その中でいかに自分で楽しさを見つけ、モチベーションを高め、継続していくか。これがダイエット成功のポイントになるのだと思います。

少し紹介したいクライアントは男性で運動目的はシェイプアップになります。

丁度先月、9月の頭くらいから基礎代謝の向上と背中からウエストラインへのボディメイクのためにChin−up(懸垂)を取り入れ始めました。

最初は1回も上がることが出来ず、ベンチ台の上で脚を使いながら動きの練習からスタート。

そこから少しずつ、ぶら下がる練習、ネガティブレップの練習、補助付きの懸垂。

などの練習を経て、10月の中盤ごろに自重で3回ほど懸垂に成功。

たしかにまだ3回と少ない回数なのですが、本人もまさか自力で上がれるとは思っていなかったようで凄く喜んでいました。

実際まだ体重が思った程落ちてきていない状態なのでモチベーションが下がりそうな感じだったのですが、この懸垂成功後すごくモチベーションが上がったようで、明日からの食事をいままで以上に気をつけて生活出来そうです!!とのことでした。

今回は実際の目的と違うところの変化(成長)からモチベーションが上がることも多くあります。

フォームが重要なことに変わりはありませんが、たまには重さや新しいトレーニングをできるようになる達成感も良い運動へのモチベーションになるんではないでしょうか?

同じ種目や得意な種目だけでなく、苦手だったり、新しい種目にもトライしてみてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です