ダイエットの基本マクロバランス【学芸大学ダイエットジム3Mワークアウト】

東急東横線沿い学芸大学駅から徒歩2分の加圧トレーニング&パーソナルトレーニング3Mワークアウトです。

マクロバランスとは食事管理の方法の一つになります。別の言い方ではPFC法。最近だとマクロ管理とも呼ばれ食事管理をしていくときの基本になるので是非ダイエット初心者は覚えてみてください。

たんぱく質(P)
たんぱく質は筋肉や臓器、皮膚、血液などを構成する重要な栄養素。肉、魚、豆、卵、乳製品などに含まれます。

脂質(F)
脂質にはエネルギー源になるだけでなく、脂溶性のビタミンの吸収を助けたり、ホルモンや細胞膜、核膜を構成をします。こちらは上げると大量に出てくるのですが、代表的なところで肉や魚に含まれる脂、オリーブオイルやごま油に含まれる油などがあります。

炭水化物(C)
主に人間が活動するときにエネルギーとして使われ、ブドウ糖や果糖などの単糖で構成されているものを炭水化物と言います。炭水化物には大きく分けると「糖質」と「食物繊維」になります。米、麺、パン、果物、野菜などに含まれます。

これらの栄養素を「P:◯g」「F:◯g」「C:◯g」と分けて食事を管理していく方法になります。

ここで忘れては行けないのが一般的なPFCの割合です。

それぞれの適切な摂取量は総摂取量の【P:15〜20%】【F:20〜30%】【C:50%〜60%】と言われています。このバランスを意識しながら「維持期」「減量期」「増量期」に合わせて自分に必要な食事量を計算していきます。

このマクロバランスはあくまでもダイエットの基本です。初心者の方が見るとすごい魔法のようなダイエット法だと思ってしまう場合も多いとは思います。これは単純に食べるものを数字化し、分かりやすくしているだけです。

なによりも大切なのは「食事のバランス」。極端なPFCバランスにするのでなく継続し易いバランスで体重の変化を確認し、量を少しずつ減らしていくことが重要です。

次の記事で実際の数字の出し方や計算方法を紹介していきます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です